家族信託・相続相談でお悩みの方へ 豊中の女性税理士・行政書士 若狭浩子税理士事務所:阪急豊中駅 徒歩3分

0662106370
お問合わせお問合わせ
ペットのための信託

ペットは大切な家族です。でも、自分がいなくなったらペットは誰が世話をするの?そんな不安を解消をする方法の一つにペットのための信託があります。

ペットのための信託契約とは?

ペットは法律上「もの」と捉えられます。
飼い主に万が一のことが起こった場合、たちまち行き場を失います。
飼い主が、病気で飼えなくなったり、亡くなったりしたときに備えて、飼い主が元気なうちに、ペットの生活費の確保をしたり、新しい飼い主を定めたりすることができます。

ポイント

信託した財産は、ペット以外には使うことができません。
自身に介護が必要になってもホームに入所してもペットの生活費は確保できます。自身が死亡しても継続できます。
自身が死亡し、相続財産でもめても信託財産は守られます。
次の飼い主を設定できるので保健所で殺処分されることを防ぐことができます。
年齢が心配でペットを飼うことに不安がある方も契約をしておけば安心して飼うことができます。あらかじめ信頼できる飼い主を探しておく必要があります。
信託できる財産を確保する必要があります。

ペットのためのお墓

「大切な家族として弔いたい。」と、ペット関連の新しいサービスの需要が増えてきました。
ペットの葬儀、お墓などの供養施設や死後ペットと一緒に入れる霊園などです。
ペットのためのお墓は、ペットを大切に思う方の意見を取り入れ、まだまだ進化していきそうです。

実際に訪問したお墓の一例をご紹介します。

大阪近郊にあるその霊園は、緑豊かな敷地内にペット専用のセレモニーホールがあり、火葬から永代供養まで行えます。
澄んだ空気の中、鳥がさえずり、和らいだ風が心地よく、季節を問わず自然を感じることができ、いつでもお参りできます。
中でも印象的だったものが、ペットと一緒にお墓に入り13回忌が終わると家族皆一緒に樹木の側に自然葬の形で埋葬されるお墓でした。他にも、ペット専用の合祀供養、屋外型納骨堂(個別式)、一面の芝生の墓地にペットと一緒に眠れるお墓があります。 ご自身のご事情に合わせて相談、選択できます。
ご希望に沿える供養の形をご提案いたします。

終活

お墓以外にも、老猫ホーム、譲渡型猫カフェ、ペットと一緒に入る老人ホームなどサービスが増えてきました。どんどん情報をお伝えしていけたらと思います。

担当者からのメッセージ

(マロン11歳)

ペットは大切な家族です。自分に万が一の事が起こったら?大切なペットのためにどんなことが出来るのか?自分ならどうするか?と考えながら実際に、老猫ホーム、譲渡可能な猫カフェ、葬儀、お墓、現地を見学してみました。今後は、動物愛護団体なども訪問するつもりです。

私自身も大型犬(名前:マロン)を11歳で亡くすまで大切な家族の一員として暮らしました。万が一の時は信託を考えたことがあり、当時はペットのための信託は無く、口頭の約束で依頼していました。亡くなった時は、葬儀も弔いも家族としてペット葬を行った経験があります。
安心して託せ、愛情をもってお世話してもらえる施設、十分にお別れが出来る葬儀、安らかに眠りお参りができるお墓。そのように思える施設を探して見学しました。実際に、見学した霊園は自然が豊かで空気が澄んでいて静かに眠ることが出来そうでした。

ペットを飼っていらっしゃる皆様はペットを子供のように慈しみ愛情をそそいでいらっしゃると思います。そのお気持ちに沿えるようお話を伺い、お悩みを解決できるようにお手伝いさせて頂きます。
信託の内容は家族状況によって様々です。何度かお話を伺って、どんなことが心配か?どのようなことが出来るのか?じっくり考えて進めていきましょう。

事務所名称 / 若狭税理士事務所 若狭浩子行政書士事務所
所在地 / 〒560-0024 大阪府豊中市末広町2-1-4 豊中末広ビル303
阪急電鉄 宝塚線 豊中駅 高架線路沿い南(梅田方面)へ徒歩3分
※豊中駅南側併設の豊中南駐輪センター(2F)を通れば、事務所前までほとんど雨に濡れずにお越しいただけます。
※お車でお越しの方は、駐輪センター1Fの駐車場(コインパーキング)をご利用ください。
電 話 / 06-6210-6370
営業時間 / 9:00~17:30
休業日 / 土・日・祝日・年末・年始
(お客様のご相談に応じます)